無駄遣いをしてしまい後悔したこと

無駄遣いで後悔したこと

3月 3rd, 2015 at 12:39 AM

ゲームセンターのメダルゲーム。借金をすることも・・・

in: 未分類

今年で36歳になるおじさんですが、未だにゲームセンターに行くのが楽しみでやめることができないでいます。UFOキャッチャー等のクレーンゲーム、ポップンミュージック、ユビート等の音ゲー、クイズや麻雀等のビデオゲームも好きなのですが、ダントツで好きなのがメダルゲームです。コイン落としのプッシャーゲーム、パチスロ、カードゲーム等色々とありますが、昔からハマってやめられないのが、SEGAが出しているスターホース3という競馬ゲームです。
このゲーム、何が凄いかというと、昔の有名なサラブレッドが実名で登場する他、動きも実際の競馬に近く、その中で自分で馬を育成して走らせることに魅力を感じて、かれこれ10年以上のめり込んでいます。レーシングプログラムも忠実に再現されていて海外のG1レースも収録されています。また、馬券では、単勝・複勝・枠連・馬連・馬単・三連複・三連単・win5はもとより、スターホース独自の馬券もあったりとユーザーを飽きさせません。育成では、インブリード等血統関連も再現されていて、この馬にはこの馬が相性がいいかなとか、この配合はメイショウサムソンと同じラインだとか、玄人も楽しめる作りになっています。更に、毎週日曜日の19時には、自分が作成した馬をオンラインで全国対戦(プレミアカップ)に出場させることができるのです。(トーナメントがあり、全国決勝の道のりは遠いですが・・・。)レースは、あの杉本清さんが実況しています。歴代のサラブレッドが史実通りに勝利すると、特殊な実況を聞けたりと嬉しいレア演出もあります。
このように、スターホース3はユーザーをヘビーユーザーに変えてしまう魅力が溢れています。私は、毎月おこづかいを全てこのゲームにつぎ込んでいます。実競馬と違いお金が増えることはありませんが、まだ当分このゲームというレベルを超えたスターホースをやめることはないでしょう。

メダルが無くなってでもどうしても止めることができないときは妻には内緒で消費者金融で少しだけお金を借りることも今までにありました・・・初めて利用するときは消費者金融と言ってもたくさんあるのでどこがいいのか分からず・・・取りあえず大手の有名どころを利用。それからはネットで金利やキャンペーンを調べて少しでも返済額が少なくなるように考えて借り入れをしていました。※消費者金融どこがいい

comments Comments (0)    -
2月 5th, 2015 at 1:13 AM

就職活動の企業側。

in: 未分類

通常、企業は、雇用者に対して利益全体を戻してはいません。給与に比較した本当の仕事(社会的な必要労働)は、よくても実際にやっている労働の半分か、それより少ない位でしょう。
一部大学卒業時から、いきなり外資系企業を目指す人もいないわけではないが、実際にはほとんどは、国内企業に勤務して経験を積んでから、30歳くらいで外資系企業に転身というパターンが一般的なのだ。
外資系の会社で働く人は、けっこう多い。外資系と言えば、ちょっと前までは中途採用の即座に戦力となる人を採用するようなイメージがありましたが、このところは、新卒の入社に挑戦的な外資も目に留まるようになってきている。
面白く仕事できるようにしてあげたい、ちょっとでも良い扱いを進呈してあげたい、その人の能力を伸ばしてあげたい、レベルアップさせてあげたいと会社の方でも思い巡らしているのです。
非常に重要なことは、勤め先を選ぶ場合は、必ず自分の希望に忠実になって決定することであって、絶対に「自分を応募先に合わせよう」などということを思ってはならないのです。

すなわち仕事探しの最中に、知りたいのは、会社全体の方針または自分のやりたい仕事かどうかなどが大抵で任される仕事の詳細というよりも、職場全体を把握したい。そう考えての内容だ。
とうとう下準備の段階から面接の段階まで、長い道を歩んで内定の通知を貰うまで到達したのに、内々定を受けた後の出方を勘違いしてしまっては駄目になってしまいます。
よくある人材紹介サービスとか派遣会社なんかは、企業に就職した人が短い期間で離職してしまうなどマッチングの失敗によって、労働市場での評判が下がりますから、企業のメリット及びデメリットをどちらも正直にお話しします。
自分の主張したい事を、上手な表現で相手に申し伝えられなくて、とてもたくさん悔しい思いをしてきました。この先だけでも内省というものに時間をとるのは、既に間に合わないのでしょうか。
一般的に会社というのは働く人に対して、どれくらい優良な条件で契約してくれるのかと、なるべく早くに企業の具体的な好収益につながる能力を、発動してくれるかだけを期待しているのです。

採用試験で、応募者どうしのグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を選択している企業は多いのである。採用側は普通の面接では知り得ない気質などを知っておきたいというのが目指すところなのです。
やってみたい事や理想の自分をめがけての転身もありますが、勤め先の会社の不都合や生活環境などの外的な原因によって、転職しなければならない状態に陥る場合もあるでしょう。
圧迫面接という面接手法で、厳しい質問をされた時に、知らず知らず立腹する方もいるでしょう。そうなる気持ちは理解できるのですが、思ったままをあからさまにしないのは、社会での常識といえます。
「自分で選んだ事ならいくら苦労しても乗り切れる」とか、「我が身を上昇させるために積極的にハードな仕事をピックアップする」といった場合は、割とよく耳にします。
やっと就職したのにその会社について「自分のイメージとは違う」「やりたい仕事じゃない」、「こんな会社すぐにでも辞めたい」なんていうことまで考える人など、いくらでもいるのです。

私は、現在働いている職場で人事を担当させてもらっているので、就職活動中の子たちをよく見ますし、面接も今までたくさんしてきました。そんな私からのちょっとした就活を成功して希望の企業に内定をもらっていただきたく今回は就職活動のことについて書かせてもらいました。

話は変わりますが、みなさんフォーマルスーツってどこで購入していますか??一着は持っておきたいですよね・。・・私ももう少ししたら子供の入学式があるので購入しないとなって思いながらゆっくりと見に行く時間もなく。。。ネットで探し中です・・・

 

comments Comments (0)    -
1月 6th, 2015 at 4:30 AM

無職で収入源が年金と娘・・・

in: 未分類

私は今、前の会社をひどいパワハラで退職せざるを得なくなってから心の病にかかってしまい働けずにいます。

だから私の収入源は障害年金と母の老齢年金に大学生の娘がアルバイトから少し家計に入れてくれるお金でほぼ生活しているのでそう余裕はありませんが、家が持ち家なので家賃が入らず何とかやっています。

それでも冠婚葬祭などの急な出費の時はどうしても娘にもお願いすることができないときは、即日振込(http://www.sokufurikomiloan.com/)をしてもらえるローン会社でお金を借りることもありました。

今、大学の三回生の娘は来年の就活を経て就職してもう少し生活費を入れてもらえるでしょうが私の母も高齢のためいつまでも生きていてくれているとは限りません。娘も然りでいつ良い人を見つけてお嫁に行ってしまうかもや知れません。それを考えると不安で夜も眠れなくなりますが今はそんな心配をしてばかりもいられないので毎日毎日をせいいっぱいに頑張っています。
そんな私は娘が三つの時に離婚してからはずっと母子家庭でした。それでも働いて来た時の貯蓄がいくばくかありますし家もあるので贅沢をしなければ何とかなるのかもしれません。そして私は来年から障害者枠で働くを念頭に置いて動いて行こうとしています。地域の就労支援センターのスタッフの人の後押しで頑張って行こうと思っています。月に1~3万円でも得られれば自分の貯金を崩さなくても生活できると思うからです。

このようなサイトのライティングの仕事も最近、始めました。将来的にはもう少し余裕を持って買い物したりランチしたり洋服を買ったりできるような暮らしを楽しめるようになればと思っています。ペットを飼うのは無理でしょうが植物などを育てたいのです。趣味のお稽古事もやってみたいです。フラワーアレンジメントとか好きだったヨガとかを再開させたいです。そんなに大それた贅沢をしたい訳ではありませんがやはり何をするにもお金が必要な世の中です。

 

 

comments Comments (0)    -
12月 26th, 2014 at 2:36 AM

秋葉原の漫画や雑誌を扱う店舗で無駄使い

in: 未分類

私は、北海道の田舎に住んでいるのですが、
近所にアニメのDVDや同人音楽のCDを扱っているお店がなく、悩んでおりました。

そんな折に、東京に引っ越した友人から、遊びに来ないかとの誘いがあり、
2泊3日で東京観光に行くことになりました。
私の友人も私と同じような趣味を持っているため、私達は真っ先に秋葉原の観光に行きました。
そこには「まんだらけ」や「とらのあな」等、アニメのグッズや漫画などが沢山置いてあり、私は普段見かけないそれらの商品を目を輝かせて見ておりました。

見ているだけなら構わないのですが、普段購入する機会がないためこの機会に買い貯めておかなくてはと、
3万円相当のアニメのグッズや同人誌(一般の方が描かれている漫画)を大量に購入してしまいました。

旅行が終わり家に帰ってそれらのグッズを見直して見ると、本当に必要だったのか?と思われるような物も幾つかあり、
無駄遣いをしてしまったという後悔の念に駆られました。

comments Comments (0)    -